バストアップの基礎知識

サプリによるバストアップ方法を紹介

画像

切らない豊胸術

現在、豊胸術にはさまざまな方法があります。
以前は外科手術によって豊胸バッグを挿入するという方法がとられてきました。

確かに短期間でバストアップすることが可能ですが、リスクも高く、費用も高額。
失敗するケースや安全性の問題も指摘されているので、手術による豊胸手術は避けたいと思っている方も多くなっています。

切らない豊胸術は、外科手術によって人工乳腺バッグを挿入する方法に比べると、費用が安くリスクが低い分、 バストアップ効果が乏しかったり、持続しないものが多かったのですが、最近では、切らない豊胸術にもより効果的なものが出てきました。

ここでは、切らない豊胸術について解説していきます。

・ヒアルロン酸注入法
ヒアルロン酸をバストに注射によって注入することで1カップ程度のサイズアップを可能にする方法です。
ヒアルロン酸は、人の体内にも多く存在している成分なので、アレルギーを起こす確率もかなり低く安全性の高い方法です。
バストに注入するヒアルロン酸の量によって多少のサイズ調節も可能でしょう。
ただし、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくため、持続期間に限りがあります。
通常、およそ半年から一年程度。
Q-MED者のSUB-Qというサイズの大きいヒアルロン酸であれば、平均で一年から二年程度持つとされています。
施術当日は入浴を控える必要があり、数日間は運動などを避けたほうが良いでしょう。

・脂肪注入法
自分のお尻やお腹などのお肉を脂肪吸引し、その脂肪をバストに注入するという方法です。
自分の脂肪を注入するので安全性が高いことがメリットです。
この方法で、およそ1~2カップのサイズアップが出来ます。
脂肪注入法の場合も、注入後に身体に吸収されていきます。
そのため、定着率は多くても50%程度とされています。
また、脂肪注入の費用の他にも脂肪吸引の費用が掛かるため、相場として全部で数十万円以上掛かります。
脂肪注入によるバストへのダメージは比較的軽いのですが、脂肪吸引によるダメージは大きいというデメリットもあります。
ダウンタイムと呼ばれる期間には個人差がありますが、およそ1ヶ月程度とされています。
また、注入した脂肪が定着せずに石灰化してしこりのようになるケースもあり、 このしこりは乳がん検診の際に癌と区別がつかない為、検査の際は脂肪注入したことを伝える必要があります。
メリットに関してもデメリットに関しても、脂肪注入だけでなく脂肪吸引に関するものも同時に関わってくることに注意しましょう。

このように、自分の体内にある成分を使用してより安全にバストアップを可能にする方法があります。
人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術よりも、可能なサイズアップの範囲は限られてしまいますが、比較的リスクや費用が抑えられるという点から切らない豊胸術を選ぶ方も増えているようです。

どのような豊胸術を選ぶ場合でも、自分でリスクをしっかりと把握して判断しましょう。
また、クリニック選びや医師選びも重要なポイントです。
経験豊かで技術の確かな医師にお願いするようにしましょう。

このように豊胸手術を行う女性も増えているようですが、とても高い費用がかかるため手を出しづらいですよね。
お金をかけずにバストアップできたらそれほど嬉しいものはありません。
豊胸手術のように短時間で効果を期待することはできませんが、
マッサージhttp://www.genderequalityinbusiness.com/kanntann.html
効果のあるツボ押しhttp://grx.jp/tubo.html
軽い運動http://www.kisaragiweb.jp/pi/ekusasaizu.html
を毎日行うことでバストアップも夢ではありません。

Copyright© 2011 Bast Up! Information All Rights Reserved.