バストアップの基礎知識

サプリによるバストアップ方法を紹介

画像

プエラリアでバストアップ

プエラリアは正式名称がプエラリア・ミリフィカ(Pueraria mirifica)と言います。
この植物はタイやミャンマーなどの山岳地帯をはじめとする亜熱帯地域の落葉樹林に自生しています。
マメ科のクズ属で、赤・白・黒の三種類があるのが特徴です。
その塊根部分の多くは砂糖や食物繊維ですが、実は女性ホルモン様作用(エストロゲン様作用)が期待されるイソフラボンがたっぷり含まれています。
このイソフラボンによってバストアップが可能なのです。

イソフラボンの含有量が非常に多いのが特徴で、その含有量は大豆イソフラボンに比べると約40倍近くに及びます。
その為、摂取量に注意が必要なのも事実ですが、かなり効果的にバストアップに取り組むことができます。
大豆イソフラボンと比べると、短期間で効果を実感できたという声もあり、かなり優れた効能を発揮するという口コミも多数あります。
バストアップに取り組んでいる女性から大きな支持を獲得しているサプリメントと言えるでしょう。

ちなみに、プエラリアには様々なポリフェノールが含まれているのも特徴です。
その代表例がプエラリン、ダイジン、ゲニスチン、ダイゼイン、ゲニステインなど。
この中でも特にプエラリンには注目が集まっています。
イギリスの学術雑誌「Nature」において発表された情報によれば、このプエラリンには美乳効果があるのだとか。
しかも、これは大豆イソフラボンからは殆ど得ることのできない効能と考えられています。
そんな背景からプエラリアが女性から絶大な支持を集めているのです。

ちなみに、プエラリアには先述したとおり、赤・白・黒の三種類がありますが、その内の白はガウクルアと表記されることが多い様です。
実際にガウクルアという文字を見かけたことがある人も少ないかと思います。

プエラリアが自生している地域の女性は、高齢になっても若々しく、美しさと健康を保っていると言われています。
実際に現地では古くから健康食として愛用されていたそうです。
また、エストロゲン様作用が期待される塊根部以外も様々な活用法があることもプエラリアが現地で愛され続けている理由。
茎の部分は衣服として使用されているほか、紙などにも利用されていたそうです。

日本でプエラリアを摂取する場合は、サプリメントから摂るのが一般的。
もちろんバストアップに活用する場合もサプリメントから摂取して取り組みます。
過剰摂取に注意が必要であると先述しましたが、サプリメントからの摂取の場合は、基本的には摂取目安量を守ればそれでOKです。

Copyright© 2011 Bast Up! Information All Rights Reserved.