バストアップの基礎知識

サプリによるバストアップ方法を紹介

画像

美容整形・豊胸術でのバストアップ

女性の魅力の象徴ともいえる豊かなバスト。
ボリュームがあって形の美しい理想的なバストを手に入れたいと願っている女性も多いことでしょう。
実際に、女性物の服や水着をカッコよく着こなす際にも、バストの大きさや形は大きく影響してきます。

現在では、日本でもバストアップに適したサプリメントが手に入るようになりましたが、 より確実に短期間でバストのボリュームアップを成功させたいという場合は、外科手術による豊胸手術を検討する方も少なくありません。

豊胸手術は、主に美容整形外科で受けることが出来ます。
美容外科独自の技術もあるので方法は実にさまざまですが、代表的なものをいくつか説明していきます。

○バッグ挿入法
生理食塩水やシリコンなどの入ったバッグを、外科手術によってバストに挿入します。
昔は先述した生理食塩水やシリコンのみでしたが、現在では、バッグの形や中身にも様々なバリエーションがあります。

・生理食塩水バッグ
バッグ挿入後、万が一バスト内でバッグが破裂して液が漏れても、生理食塩水なので体外に排出される安全なバッグです。
デメリットとしては、自然な感触が得られないという点があります。

・シリコンバッグ
生理食塩水と比較して自然な感触が得られますが、身体への安全性は確実ではないので、現在はあまり使用されていません。

・コヒーシブシリコンバッグ
シリコンバッグの安全性を高めたタイプです。
バッグが破損した場合でもシリコン漏れがありません。
コヒーセブシリコンバッグは、固めにできているという性質上、自然に見せる為にアナトミカル型と呼ばれる釣鐘のような形状で使用されます。
また、コヒーセブシリコンバッグの方さを改良した『クリスタルバッグ』というものもあります。
ソフトコヒーシブなど、別の名前で呼ばれることもあります。

・バイオセルバッグ
シリコンバッグの安全性を高めたタイプです。
特許取得の構造なのでシリコン漏れの心配もほぼありません。
着け心地、感触共にとても自然です。

・CMCバッグ/PIPバッグ
ムコ多糖を主成分としたハイドロジェルバッグの改良型です。
安全性も高いと言われていました。
感触も自然で安全性も考慮されているバッグです。

以上、豊胸に使用されるバッグの種類と特徴をを挙げてみましたが、実は『漏れない』という安全性に関しては確実なものではありません。
漏れた場合身体に影響がないと言われている物でも、実際に体内で漏れてそのままにしておくと皮膚に穴が開いたりと様々な弊害があることが分っています。
一時期人気だったCMCバッグやPIPバッグも、安全性が確保できないという理由から使用が禁止されるようになりました。
また、バストに挿入してから年数が経つと、中身がジェルではなく生理食塩水と変わらない感触の液体になってしまうということです。

最近では安全性に関しても考慮されるようになりましたが、豊胸手術を受ける場合は医師選びや手術後の事も含めて自分でしっかりと調べましょう。
バッグの安全性に関しても、医師の言われるがままにするのではなく、事前にしっかりとリサーチするように充分注意しましょう。

豊胸手術で理想のバストを手に入れられたなと憧れる女性は多いでしょうが、高い費用がかかるため手を出せないのが現実です。
お金をかけなくてもバストアップが期待できる方法はたくさんあります。
なのでそういったものを試してみてはいかがですか?
こちらにバストアップ効果で有名なおっぱい体操のやり方が載っています。
毎日おこなっていけば嬉しい効果が期待できるかもしれませんよ。
また、バストアップに効果的な食材を毎日食べたり、マッサージも摂り入れていくと良いでしょう。


Copyright© 2011 Bast Up! Information All Rights Reserved.